わざわざ「Wi-Fi」を使う理由はあるのです

それなりに使いこなしてられる人にとってはどうってことはないのですが、スマホ初心者の人にとっては、読み方ですら分からないんじゃないでしょうか。
「Wi-Fi」で「ワイファイ」と読みます。
インターネット接続サービスの1つで、無線のLAN通信。
無線LANルータが設置された自宅やホテル・カフェ等で、「Wi-Fi」によるインターネットが可能です。
無線LANルータが設置されたスポット付近(無線LANルータからの距離がおよそ数m~数十m)でしか、インターネット接続が出来ないところが、欠点と言えば欠点。
「そんなややこしいもの使わなくても、携帯電話会社の電波でインターネットに繋がるよ」と仰る方もいらっしゃるかも知れません。
確かにそうではありますが、わざわざ「Wi-Fi」が存在し、それをユーザーが利用する価値はあるのです。

スマホ初心者の方でも、使っている内に月々の通信量が増えていき、あるとき気が付くのが携帯電話会社の“7GB制限”
月当たりのパケット量が合計7GBを超えると、通信速度が128kbpsと極端に制限されてしまう厄介な制度です。
元々こんな制限はなかったのですが、1部のヘビーユーザーが大量のデータ通信を行い、回線を占有、一般ユーザーの利用に支障が出始めたため、こんな不便な制限が設けられることになりました。
ですから携帯電話会社に関わらず、どちらのスマホを使っても、この制限を受けることになります。
使いこなせば大変有効な「Wi-Fi」ですが、繋がらないこともあります。
その原因をここでは探ります。



■Recommend Site
モバイルwifiの通信速度などを比較できるサイトです → → モバイルwifi 比較

Copyright © 2014 Wi-Fiが繋がらないのはなんで? All Rights Reserved.